農薬と化学肥料を必要としない栽培を。

 ファームでは畑の土を自然の山の土をお手本に育てていくことを目指しています。
自然の山には豊富な有機物があり、その有機物を分解して植物が育つ栄養を作ってくれる微生物がたくさんいます。
 農薬を使うと、植物を食べる虫だけでなく、土の中の微生物なども死んでしまいます。
 化学肥料は微生物の餌にはならないので、餌がなければ微生物は生きていけません。
 微生物の餌としての有機物を土に入れることにより、微生物が豊富な土を育て、 無農薬でも病気や虫に負けずに健康な野菜を育てることを目指しています。


地元の有機物の積極的活用。

 地産地消を推奨する考えから、なるべく地元で手に入る有機物を積極的に活用します。
地元で手に入る、米ぬか、籾殻、落ち葉や堆肥などを積極的に利用していきます。
 地元の有機物を活用することにより、肥料代などのコストを削減することにつながり、 野菜自体の値段も抑えられます。
 より多くの人に有機野菜を食べてもらいたいため、なるべくコストを抑え、お求め易い価格を目指しています。


少量・多品目栽培を。

 ファームでは色々な種類の野菜を少しずつ栽培する少量・多品目栽培をしております。
単品目を多量に栽培する通常栽培に比べ、手間がかかり効率が悪い栽培方法なのですが、 畑の中の植物や生物を多様化させ、病害虫の被害を軽減させるため、必要だと考えています。
 もう1つの理由は、野菜にはスーパーなどで並んでいる一般的な野菜だけではなく、 色々な種類があることをみなさんに知ってもらいたいということです。
 市場には規格があるため、お店に並ぶ野菜はみんな同じ顔をしています。
でも、野菜は生き物なので、人間と同じでみんな同じ顔をしているのはおかしいと思います。
 なすやトマトだけでも、とてもたくさんの種類があります。
市場出荷ではなく、直売だからこそ出来る、そんな多種多様な野菜を味わい、楽しんでもらいたいと思っています。


消費者と生産者の距離を身近に。

 最近起きている産地偽装などの食の安全を脅かす出来事の原因は消費者と生産者の距離が遠くなってしまっていることにあると思います。
ファームでは消費者の方に本当に安心して食べていただけるように、距離を出来るだけ身近なものにしていきたいと思っています。
 そのため、実際にファームに来て、野菜が育っている様子を見てもらいたいと思っています。
遠くの方や、お時間のない方など、実際に来ていただくことが難しい方には、野菜の生育状況や、畑の様子などを HPやブログなどでなるべく情報を公開していきたいと思っています。
 消費者の方に、「のんのんファームの野菜なら安心ね。」と言われるように努力していきたいと思っています。


環境と人に優しい農業を。

 農業というと、自然的なイメージがあり、モチロン環境にも優しいものだと今まで思っていました。
でも、実際は現代農業はあまり環境に優しいものではないということがわかりました。
 農業は生産しないといけないものなので、全く環境に負荷をかけずに行うことは無理ですが、 出来る限り、負荷を軽減できるような農業をしていきたいと思っています。

 ・肥料は必要最小限に。
 農薬や、化学肥料だけでなく、有機質肥料でも多量に施肥することにより、雨などの水に流れて地下水の汚染につながります。
他にも、肥料をたくさん与えて育った野菜はいわゆるメタボな野菜で、健康的に育った野菜とは言えないと思います。
健康な野菜は人にも優しい野菜になると思っています。

 ・使い捨てビニール資材は極力使わない。
 雑草防止などに使う、ビニールマルチなどは農業においては、使い捨ての資材となります。
このマルチを多用するとかなりのゴミが出ることが予想されます。
毎回大量のゴミを出してしまうような農業はしたくないので、極力使わないようにしたいと思っています。

 ・ビニール包装も極力控える。
 前述した資材と同じく、野菜を包装する際のビニールの袋なども極力控えたいと思っています。
宅配の際の箱も一般のダンボールをリサイクル使用させていただいております。


無農薬でおいしい野菜を作る。

 最後に『無農薬でおいしい野菜を作る。」ことが1番のファームの理念です。
そのために、野菜を健康に育てること以外にも品種にもこだわっています。
直売の利点を活かし、市場性や荷姿(見た目)などはあまり重要ではなく、とにかくおいしい品種を選んでいます。
 栽培方法も今の方法にこだわって続けていくのではなく、もっといい方法やおいしく出来る方法などがあり、 ファームの理念に反していなければ、積極的に取り入れていきたいと思っています。
 常により良いものを作る努力を怠らないことを目指しています。


 長々と読んでいただきまして、ありがとうございます。
ファームでは以上のことを目標とし、日々精進していきたいと思っています。
定期宅配、募集中

野菜について

ご注文について

その他について

メールは下記まで。
お気軽にご連絡ください。
info@nonnonfarm.com